番來舎とは > 卒業生の声

諦めない心を教えられて

T・Yさん

相馬高校卒業

文教大学教育学部

埼玉県某市立小学校教諭

私の唯一誇れる特技はトランペットを演奏することです。中学、高校と吹奏楽部に所属し、アンサンブルコンテストでは全国大会まで出場しました。そのまま、大好きなラッパ吹きを職業にしようと考え、自衛隊の音楽隊に入隊したいと希望し、高校3年生のときにまた勉強しに番場塾に通い出しました。
両親は賛成でも反対でもなく、とりあえず自衛隊の入隊試験を受けることの許可をしてくれていたのでしたが、番場先生だけが大反対し、顔を合わせる度に大学へ進路を変更するようにということと、自分には教員が合っていると説得されるのです。なぜそこまで熱心に反対されるのかがよくわかりませんでしたが、正直なところ、私は部活動にばかり一生懸命で勉強は疎かでしたので、自信もありませんでした。
思えば高校生の時、久しぶりに部活動が休みで塾に顔を出したある日、二次関数がわからない中学生に、一次関数、その前の比例反比例の説明をしてあげたことがありますが、その時の私の様子をご覧になっていて、強くそう思ってくださったようです。
 
まして先生が選んだ大学は文教大学。吹奏楽が強い大学で、大好きなトランペットも継続でき、しかも毎年全国大会に出場し、充実した大学生活を送ることもできました。
その子にはなにが一番良い選択なのか、先生は他の誰よりも熱心に考えてくださいます。ご自分が知らない学校には、わざわざ足を運んで学校説明会にまで参加されると聞きました。最後まで愛情を込めて応援してくださるので、私は自信を持って夢に向かって突き進むことができました。
現在、私は小学校の教員となり、充実した毎日を過ごしています。心から信頼できる恩師と出会い、今でも番場先生と過ごした日々を支えにしています。
 
そして最後まで諦めない心を先生から学び、今、自分も同じ事を子どもたちに伝えています。
番場先生、あの時、引き止めてくださってありがとうございます。毎日毎日、説得してくださってありがとうございます。あの時、先生が諦めていたら、今の自分はなかったに違いありません。私をこのように導いてくださった先生に、心から感謝しております。